中古住宅のキッチンの種類~L型キッチン~

前回は中古住宅のキッチンの種類~I型キッチン~をお伝えしていきました。
今回は中古住宅のキッチンの種類~L型キッチン~と題しましてL型キッチンの魅力をお伝えしていこうと思います。

L型キッチンは台所の隅にシンクやグリルを配置したタイプのキッチンで、非常に効率性を求めたキッチンになります。特徴としてはL型であるため洗い物をしながら料理の状況を見ることができる、動く範囲が少なくていいなどがあげられます。

L型キッチンのメリットとしましては、「作業スペースが広い・収納スペースがたくさんある場合が多く、収納に困らない」などが主にあげられます。

デメリットとしては「コーナー部分がデッドスペースになるため、うまく使いこなせない・シンクと調理場の配置が難しく場合によっては非常に使いにくい」ということがあげられます。

前回お伝えしてきたI型キッチンに比べれば、普及率はそんなに多くありませんが、L型キッチンも日本では結構見かけることが多いです。

収納には困らないため、どこに冷蔵庫を置くのか、どこに電子レンジを置くのかなど配置がとても重要になってきます。
使いやすさは抜群ですので、ぜひこの機会に一度L型キッチンを考えてみてはいかがでしょうか?

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム パーマリンク