知っとく不動産コラム

和室が減っているわけ! ご存知ですか?

昔から日本人にとって畳のある和室はこころが穏やかになる空間として利用されてきましたが、近年ではこのような流れも変わってきたように感じています。

和室の数も年々減少傾向が鮮明になってきています。

その原因は簡単に言えば、ライフスタイルの変化ということに尽きると思います。

西洋的なライフスタイルを取り入れた住宅が増えるにつれ、和室を必要としない若い年代の人が増えていると考えることができます。

畳の部屋にした場合でも、昔のようなスタイルではなく半畳でヘリのない琉球畳などを使った部屋や、畳スペースをリビング等の一部として作ったモダンな和風が今では流行ですよね。
床の間もあまり見かけません。

核家族化が進み、仏壇を置かなくなった家庭も大きくは無いけれど一因でもあるようです。
今では『リビング仏壇』という名のリビングに置いても違和感のないオシャレな仏壇が沢山出てきているのも和室離れを加速してしまうのでしょうか?

また和室の取り入れ方にもよりますが、取り入れるのは費用の面でも少し高価になることも、和室の減少傾向を強めている原因なのかもしれません。

実際に室内のインテリアを考えたときも、和室は洋室に比べると家具を設置しにくいといったデメリットもあります。

畳の部屋にベッドやソファ等の家具は入れ難いですよね。
そういった面からも、居住者側も畳の部屋をあまり望まなくなったのかもしれません。

全室フローリングで育った子ども達は、和室畳の掃除の仕方をレクチャーされず『お茶の出がらしを撒いて~』
なんて言ったら、きっとビックリすることでしょう( *´艸`)

そんな時代が来るなんて江戸時代にでは全く予想もつかないことだったに違いない。
『畳の上で死ぬ』という言葉はまだ生きているのでしょうか?

同じ日本人としては日本の象徴でもある和室の減少傾向はなんとなくさびしい感じもしますが、これはライフスタイルの変化からくるもので当面はこの流れは変わらないように思われます。

時代の流れを受けて、畳職人の減少も気になる所ではありますが、半分畳で育った畳好きの私としましては畳がなくならないことを切に願う者の一人であります。
子どもの時におじいちゃん家で見慣れた掛け軸や香炉、変なたぬきの置物・・・
和室あるあるです^^

もちろんですが、和室には和室のよさがありますのでこれから、あたらしい物件を探している方は、自分のライフスタイルをしっかりと見定めた上で納得のいく物件探しをしてください。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 和室が減っているわけ! ご存知ですか? はコメントを受け付けていません。

和室の魅力とは?

一戸建て、マンションともに和室が減少し洋室が多い時期が続いておりましたが、現在再び和室の魅力が見直されており、マイホームに和室を作りたいという方が増えています。

以前は、狭い日本の住宅では、一つの部屋で食事を取り、ちゃぶ台で子どもが勉強し、その後は片付けて布団を引くと寝室になっておりました。
日本の住宅事情が反映されてはいますが、一つの部屋が何通りにも使用できたのです。

現代ではライフスタイルと共に変わりつつある日本の住宅事情ですが、その和室の最大の魅力が多様な活用法です。

洋室のフローリングは固く、冷たいので、横になることができませんが、和室の畳は柔らかく、温度変化が少ないので、昼寝や休憩などで横になることができ、大変便利です。

床を這いまわったり、転がったりする子供にとっては、畳みはうってつけの遊び場になります。
フローリングとは違って、クッション性があるため、例え転んでも体にかかる負担も少なく、音も響きづらくなります。
特に高齢者の方や小さなお子様がいるご家庭では遊ぶスペースとしての活用、多目的にお昼寝スペースとしても有効です。

畳は弾力性があるのでけががしにくいという特徴があり、ハイハイや、お座り、歩く練習など成長の過程を見守る貴重なスペースとなります。

また和室の畳や障子、珪藻土は湿度調節を行ってくれるという特徴があります。

い草や障子など天然素材で出来ている和室は天然の吸湿効果があり、室内の湿度が増えると吸収し、乾燥してくると湿度を放出してくれるので常に居心地のよい空間を演出することができるのです。
ですので、非常にカビにくく寝敷してもフローリングと違い安心です。

また、今では畳にも沢山の種類がでており、最近では建売住宅でもよく使われているフチなしのオシャレな琉球畳なども人気があります。
カラーバリエーションも豊富にありパープル・イエロー・ピンク・ディープグリーンなどお部屋の雰囲気に合ったカラーが選べます♡

最近知って驚いたのが、介護用畳や、なんとペット用の畳までも‼

和室のような独立した多機能空間まではいらないが、気持ちが落ち着くとか心が癒されるといった理由で、空間デザインの一部として畳スペースを取り入れる人が多くなっています。

建売戸建住宅やマンションに多いのが、リビングからひとつづきでフラットになっているタイプ。
小上がりになっているタイプは段差を利用して収納や腰をかけることができるので、こだわった住宅やリノベーションした物件に見かける事が多いです^^

これから家を建てようと思っている人は、畳の良さを見直してみてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?
このような魅力から和室が見直されてきているのです。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 和室の魅力とは? はコメントを受け付けていません。

南向きの家のメリット

お家の購入を検討するときに、『南向きがいい』と言う条件を出される方の方が多いです。

では南向きがいいという理由は何なのでしょうか?
まず、南向きの家のメリットとしては、日差しが入ってくるので冬は暖かいこと、洗濯物が乾くことなどがすぐに思いつきます。

しかし、電気代の節約にもなるということに気づかれる人は少ないのではないでしょうか。

家の中で長時間過ごす人がいる場合は、南向きの部屋や家がおすすめですね^^

また、冬が暖かいので暖房費用が節約できるということは、お判りいただけることでしょう。
家族の団らんは、リビングの日が当たる所が明るいイメージはありますよね♪

でも、反対に夏は暑くなるのだから、夏は冷房費用が余計にかかってしまうではないかと思われる方も多いことでしょう。

ですが、日差しが入ってこない北向きの家の場合には、日中でも照明器具を使わなければならなくなりますから、その分余計に電気代がかかってしまうのです。

それから、洗濯物を乾かすために乾燥器の電気代が余計にかかってしまうということもあります。
南向きの物件は建物の南側に大きな開口部や窓を設けてあることが多く、沢山のお洗濯物も天気がいい日には一気に乾いてしまいます。

つまり、太陽のエネルギーを使うことができるのと、使うことができないのでは、毎日の生活の利便性にそれだけ差が出てきてしまうということです。

日当たりがよいことで人気のある南向き物件ですので、建設業者も入居率を上げるために南向きのマンションを多く建設します。
その結果南向きの物件数は多くなり、入居者・購入者からすれば選択肢が最も多い向きともいえます。

それから、北向きの家の場合には、気分的にも良い影響を及ぼさないと言えます。
・・・が、相場より価格が安かったり、同じ値段でもより充実設備の整ったマンションや間取りの広いマンションを買うことができたりもします。

日中家におらず寝に帰るだけの人にとっては、日当たりは全く関係ありません。
そう考えるとライフスタイルによって南向きが適している人とそうでない人がいることが分かります。

ですから、やはり住宅を選ぶ時には、日当たりがどうなのかということや一番に重視する事はやはり『ライフスタイルを考える』必要があるようです。

間取りはある程度妥協してもいいから日中の照明は自然光にこだわりたい!!
と最優先的にお考えの方には南向きは最高の方角ともいえるのでしょう。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 南向きの家のメリット はコメントを受け付けていません。

マンションは角部屋がいいの?

不動産は、一物一価といって、同じ価値のものは二つとありませんが、マンションの場合は、フロアが違っても、住所が同じで、間取りや向き、設備仕様が同じものが複数あるのが特徴です。

一般的に、フロア違いの同じ向き、間取りの部屋は、フロアが一つ上がるごとに100万円前後上がったり、窓の向きや、周囲の建物で展望が遮られるかなどの生活条件で価格が変化します。

中でも角部屋は二方向に対して日当たりが良いうえ、風通しが良いので、財産としての価値だけではなく、住み心地も良好です。

また、マンションは、室内は自分一人のものですが、エントランスや廊下、壁などの構造体は住人で共有しているため、管理規約を守るとともに、お互いの思いやりが大切です。

それでも、時には小さな子供がいる家庭などで、隣同士の生活音が気になるなどのトラブルに及びことがあるので、二方向に対して隣接する住戸がない角部屋は、住民トラブルが少ないのもメリットです。

そのため、同じ住所、類似した間取りが多いマンションの中でも、住みやすさで抜きんでている角部屋は売る時の価値が高い傾向があります。

ですが、反対に中部屋はダメなのか?
というとそうでもなく、中部屋には中部屋のメリットがあります^^

両隣に挟まれていますので、LDKが冬は暖かく、あまり暖房が要らない場合や、階数にもよりますが冷房も使わなくても風通しで何とかなるお部屋もあります。

確かに一戸建てより、マンションの方が冬は明らかに分かりやすい程暖かみを感じます。

又、おしゃれな室内にするなら、飾る壁が多いほうが自分の趣味に合った絵を飾ったりフラワーアレンジメント等での装飾も楽しめたりしますよね♪
家具の配置も限られずに置きたい場所をある程度選べるメリットもありますね。

ただ、北側の部屋は窓に結露が出やすいですね。
寝室にしていると冬場は必ず結露します。
雑巾で水滴はふき取り、しばらく窓を開けて換気をして湿気には気をつけていないとすぐにカビが発生します(>_<) 除湿機等で対応すれば十分ですね^^ 建物の構造や立地にもよるのかもしれませんが、上下左右に囲まれていても騒音が気になるという事もそんなに感じる事もないという方も多くいらっっしゃいます。 例え角部屋であったとしても、慣れていなければ最初は集合住宅のストレスは感じると思いますがいずれは慣れていきます。 慣れも人それぞれですので、後悔のないように見学や十分な情報収集をしたほうがいいですね。 ---

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | マンションは角部屋がいいの? はコメントを受け付けていません。

駅から遠い家のメリット

物件選びで、ほとんどの方は駅から近い方が良いと考えます。

駅から遠い物件は避けたいという方は、特に通勤、通学のことを考えております。

では、駅から遠い物件にメリットはあるのでしょうか?

駅の周辺と言うのは、その交通の利便性、また駅を利用する人の多さを見込んで、商業施設などが密集しやすい傾向にあります。

そのため普段から騒がしい、土日祝日などの休暇になればますます賑やかになる場合が多いです。
電車や踏切の音だけでなく、周辺のお店の音も気になる方には気になります。
カラオケや飲み屋さんの音は特に夜はよく響きます。

しかし駅から離れた場所であれば、そのような喧噪とも無縁であることが多いので、静かな住環境を確保することができます。

それから駅から近い物件に比べて家賃が安いと言うのもメリットです。
駅から遠い物件との家賃の差が1万円だとすると、2年住めばその差は24万円にもなってしまいます。

駅から遠いと需要が減ってしまう分、家賃を安くしたり、工夫をしなければ買い手や借り手が見つかりにくい傾向にはあります。

ですので、駅周辺よりも、条件が良い物件が安く手に入る、見つけられる可能性が高いです。

駅に近ければ、通勤、通学などが便利になることは多いですが、上記したように、生活する上で便利な施設が密集していることも多いので、そうしたことが付加価値となって家賃が高くなりやすい傾向にあります。


家賃が高くても利便性は手に入れたいと言う方はそれでも構いませんが、少々不便でも家賃は安くあって欲しいと言う方にとっては、駅から遠い物件は非常におすすめです。

特に公共機関を利用しない人に良いと言え、これは駅も電車も、どれだけ便利だとは言っても、個人によってその利用頻度、また必要性に大きな差があるためです。

衛生環境は?というと環境があまりよくない所もあり、悪いともいえます。
駅周辺に飲食店があればゴキブリが多く、また、人通りが多いとたばこのポイ捨ても非常に多く目立ちますね(>_<) 駅から遠いエリア周辺は敷地に余裕がある場合が多く、『なるべく広さを優先したい』という方にもおすすめです。 また、緑の多い場所や公園、小さい子が遊べるスペースなども近くにある場合が多く、お子様がいらっしゃるご家庭に向いているかと思います^^ 利用しない人にとっては特に必要性がなく、駅が遠い立地というのは別の角度から見るとメリットと言えるのではないでしょうか?? ---

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 駅から遠い家のメリット はコメントを受け付けていません。

駅から近いお家のメリット!

駅から近い家のメリットとしては、まずは利便性が高いと言う点が挙げられます。

気軽に利用できる公共の移動手段があると言うのはとても便利です。

また駅周辺は、スーパーやコンビニ、その人通りの多さを見込んで商業施設や娯楽施設が密集していることが多いので、生活必需品のほとんどが揃ってしまい暮らしていく上でも非常に便利です。

そしてそうした環境においては、人通りが多いので安心と言うメリットも発生します。

商業施設などが開いている間は照明もじゅうぶんに確保できるので、夜道を歩かなくてもよいと言うのもメリットです。

勿論、時間帯などにもよりますが、道中で危険を察した際に、少なくとも商業施設などが開いていればそこに保護を求めることができると言うのは心強いです。

そして駅から近い家においては、車がいらないと言うのも大きなメリットです。

車がいらないと言うことは、車両を購入する際の費用がかからないのは勿論のこと、ガソリン代などの維持費も不要です。

更に物件において駐車場のスペースを求める必要性もなく、当然、駐車料金もかかりません。
マンションであれば毎月支払う駐車場1~2台分の料金を節約出来、戸建であれば駐車場分のスペースを確保する事を考慮しなくて済むので土地が狭い㎡数でも敷地いっぱいに建築出来、その分間取りの確保やリビングの広さへと繋がります。

自動車に関わる費用は長い目でみるととても高額になるので、それがいらないと言うのは、家計において大きなメリットとなるのではないでしょうか?

その他、「通勤が楽」ということ。

「長い距離を歩かなくてもいい」ということ。

何より忙しい朝の時間帯に長距離を歩いて時間が取られてしまうのは大きな負担となり、その負担がなくなるのは大きなメリットとなります。

駅に近ければ友人も訪れることも多いですし、道の案内が非常にしやすいです。
また、時間に遅れがちな人でも約束の時間に間に合うことも多いです。
電車やバスの発車時刻を目指しての時間の調整をしやすい事と、運転しなくてもいい分、手持ちの荷物の整理をする時間を確保できたり、田舎と違い本数も細切れにあるので嬉しい事に1本見送ったとしても乗り遅れが少なくなります。

実際に駅近くに住んでる方に話を聞いてみると、一度駅に近いマンションに住むと少し歩かなければいけない物件には住みたくなくなるようです。

以前住んでいた場所よりもさらに満足のいく物件を見つけて『ここに住んだおかげで、良い方向に生活が変わった』と思える物件を見つけることが出来るといいですね^^

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 駅から近いお家のメリット! はコメントを受け付けていません。

吹き抜けのお家のデメリットは?

戸建を建てるなら、是非欲しいと思わせる間取りが、『吹き抜け』でしょう。

その最大のメリットである開放的な雰囲気は、2階からの明かりを1階まで取り入れる事が出来る為、周りを建物に囲まれた狭小な敷地に建てた住宅においては、その構造の恩恵が効果が絶大です。
その為、都心部や熊本で例えるなら坪単価も高く住む人口も多い熊本市街地周辺の立地が効果を発揮出来るのではないでようか。

前回は吹き抜けのメリットをご紹介致しましたが、物事にも全て『陰』と『陽』があるように、今回は吹き抜けのデメリットについて触れていきたいと思います。

吹き抜けのある住宅は、住んでみて直ぐに感じるデメリットの部分もあるものです。
こんなはずじゃなかったと後悔する前に事前に情報収集と対策を立てておくと安心ですね^^

まずは音の問題、マンションなどでは一般的な騒音問題と同じ音の問題が、戸建てにおいても有るとは意外かも知れません。

吹き抜けの構造には、1階と2階を隔てる床が一部分とは言え存在しない為、1階からのテレビやオーディオの音が上の階へ筒抜けとなって、音が響く結果となってしまうのです。
吹き抜けリビングの場合、ダイレクトで音が抜けてしまいます。
2階にいればうるさく感じますし、1階でテレビに集中したいときも音が聞こえづらい事もあります。

音に敏感でない方もつくりによっては、リビングにサウンドシステムを設置するなど対策も必要になってくるのかもしれませんね。

ふたつ目のデメリットとして、冷暖房の問題があります。
天井にも及ぶ吹き抜けの空間は、空気を相手にする冷暖房において、物理的に難しい問題であり、冷暖房がききにくい、光熱費の掛かる住宅となってしまいます。

天窓から注がれるのは『光』だけでなく『熱』も一緒に降り注いできます。
ですので、夏場はロールスクリーンで調節するなど何かしら対策が必要になってくるのかと思います。

反対に冬場はどうなのか?
と言えば、前回も記載しましたように最近では『高気密・高断熱住宅』が多く、蓄熱や床暖房・エアコンを上手く組み合わせることで、家の中に寒暖差は発生しにくくなります。

そのため『吹き抜けが寒い』と感じることは今では昔に比べ少なくなってきているのではないかと思います。

最後に・・・
安易に手の届きにくい場所にある吹き抜け窓や照明は、日々掃除をすることが難しいですよね。
なので、どんどん埃がたまってしまいます。
たまった埃が床に落ちたり舞ったりしているのを見ると、せっかく掃除したところまで汚れてしまうという気持ちになります。
メリットがある分、デメリットも存在してしまうのが吹き抜け窓の現実なんです。

清掃時、体制を崩して梯子から落ちてしまうという危険を回避するためにも、安全面も考慮して必ず清掃時は2人作業で行うことをお勧めします。

これらのデメリットは、吹き抜けと言う間取り、すなわち、その高い空間のある構造の結果である為、容易に改修する事や、例えば掃除やDIYでのメンテナンスが難しい住宅でもあるのです。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 吹き抜けのお家のデメリットは? はコメントを受け付けていません。

吹き抜けのある家のメリットは?

近年よく見られる吹き抜けのある住宅には、いったいどのようなメリットがあるのか、ご存知でしょうか。

建坪は同じでも、吹き抜けを住宅の建築デザインに取り入れることによって、解放感があって、家が広く見えるという効果が十分に得られるのです。
人間が得る視覚から情報をコントロールし、部屋自体は狭くてもあまり圧迫感を感じないのがこの吹き抜けです。

実際にご覧になった方はご存知だと思いますが、高さがあり広々と感じますよね。
やはり家族の集まる『核』となる場所なので、1番のメリットの気持ちがよく明るい『解放感』を得たいのであれば選択の余地はありそうです♡

また、一階と二階がそれぞれ天井でしっかりと仕切られている建て方と違って、階層を超えて家族の動向が分かりやすいので、コミュニケーションがとりやすいということもあります。
忙しい朝や、夕方時にわざわざ2階へ上がり子どもを呼びに行く手間が省け、下から声掛けが出来るのは吹き抜けならではのメリットです。

それによって、ある程度のプライバシーを保ちながらも、家族が必要以上に区切られてしまわないので、極端に孤独になってしまうような孤独感がない住宅にもなります。

その上、リビングなど吹き抜けを作った場所には、たとえ隣の家とあまり離れていなくても、たくさんの太陽光を取り入れることができる明るさのある家にもなります。
採光を取り入れる度合いにもよりますが、あまりお天気がよくない日でも、朝から夕方、日が暮れるまではいっさい電気を付ける必要がありません。

冬の時期は日が暮れる時間がはやいですが、これからのような夏の日が長い時期は午後7時前まで電気を付けなくても過ごせるんですね。
電気代の節約に繋がります。

土地の広さや、近隣住宅との位置関係など、昼間から明かりをつけなければ、部屋の中が暗くなってしまうような日照問題を抱えている場合には、特に吹き抜けを作ることで問題の解決をはかることが可能だともいえるでしょう。

今時の高気密・高断熱の家であれば、冬場も凄く寒いと言う訳でもなく外気温が寒い日であっても、お天気がいい日には日差しがリビングに差し込んでいるだけで暖房が必要ないくらいポカポカ暖かい日もあるようです。
一概に吹き抜けは寒いとも言い切れませんね^^

吹き抜けのある家は人気も根強いです。

訪れた人に、『解放感』と『圧倒的なインパクト』を与え、住む人に安らぎを与えてくれる吹き抜けに心惹かれない人は少ないと思います。
「いいなーとは思うけど・・・」
と、悩んでいたら、まずは住んだ時の事を想定し、本当に自分やご家族の気に入る吹き抜けを作ってもらえればと思います^^

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 吹き抜けのある家のメリットは? はコメントを受け付けていません。

人気のキッチンの種類

最近では、家庭におけるキッチンの配置も多様化してきており、家族や来客と対面で作業ができるキッチンが増えてきています。

その中の1つに、アイランドキッチンがあります。

コンロとシンク1つの島のようにリビングの中にあるキッチンで、一番印象的なのはその開放感です。
遮るものがなくとても開放的なタイプのキッチンです。

いわゆるオープンキッチンの代名詞ともいえる存在ですね。

キッチンの周りをクルクルまわることができるので、料理を運んだり食器を出したりする導線が短く作業効率が良いです。

また、プライベートスペースという感じがないので、人とコミュニケーションをとるのも簡単。
来客が作業を手伝いやすいのもこのキッチンのメリットです。
料理をしている時にも孤立する事がなくなります。

親しい友人同士で料理をしたり食事をしたりお酒を飲んだり、というような、パーティをするのにオススメなのがこのタイプのキッチンです。

作業スペースも広く様々な方向から使用できるので、家族で料理する時にもアイランドキッチンはとても便利な存在です^^

料理の腕をふるう様子がよく見えるのも、パーティの時には楽しいですね。

上級グレードに位置するので基本的にお洒落なキッチンが揃っています。
家の雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいですね♡

またアイランドキッチンの片側が壁に接しているタイプのキッチンを、ペニンシュラキッチンと呼びます。

このタイプは、リビングと対面式で子育てにうれしいキッチンです。

子どもたちが遊んだり宿題をしたりしている様子を見ながら、キッチンで作業ができるので、忙しい夕方にとても便利です。

購入に関しては、実際にはアイランドキッチンよりもスペースの関係上ペニンシュラキッチンを使うケースの方が多いです。

アイランドキッチンより、間取りの制約を受けないのでいろんな家で採用しやすいんだと思います。

ペニンシュラキッチンはコンロの横に壁があるタイプなので、アイランドキッチンよりも油はねや汚れに強いけれども、アイランドキッチンの持つ開放感や作業スペースの広さも持ち合わせているキッチンです。

さらにいうと、壁にくっ付いているので選べる換気扇も豊富な種類の中から選択することができます。

このように、ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンの良い所を残しつつ掃除にも強いという面も持っているので、かなりバランスのよいキッチンなんですね^^

そこでペニンシュラキッチンを選ぶときのポイントは、『キッチンにどこまで存在感を持たせるのか』
単純ですが、これがアイランドキッチンとペニンシュラキッチンで迷った時の大きなポイントとなってきます。

ペニンシュラキッチンはバリエーションも豊富で、アイランドキッチンよりも価格は抑えやすいので、予算面でも選びやすいキッチンと言えます。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 人気のキッチンの種類 はコメントを受け付けていません。

長く住みたい家にするためには?

長く住みたい家、それは愛着のわく家とイコールではないでしょうか?

長く住みたい家を作るために、心がけるべきことが何点かあります。

一つ目はカスタマイズがしやすいことです。

カスタマイズがしやすい家とは、模様替えが行いやすい家のことです。

家族が増えたりペットを買い始めたり、子供が成長していったりと家族のライフスタイルの変化に合わせて、家の使い方を自由にアレンジできるように工夫を凝らすことが大切です。

ですが、多くは老後のことまで考えて住まいを購入する人はごくわずかです。

どうしても子育て中心の考えになり、自分の老後が住みやすい家を購入できる人はほんのわずかです。
実際、年齢を重ねても住みやすい家とはどんなものを指すのでしょうか。

最初に考えることが、動作がスムーズに行えることが前提です。

可能な限り仕切りを無くし、床をフラットにするといいですね。
年齢を重ねると、どうしても段差を超えるのが難しくなっていきます。

こだわりの住宅ということで、段差を設けて収納スペースを確保するのが流行っていますが、将来の事を考慮すると、できるかぎりそうした段差は省いていた方が足腰が弱ってきたときの暮らしが楽になるのではないかと考えます。

二つ目は不便さを感じにくいことです。

ユニバーサルデザインという言葉が聞かれるようになって久しいですが、手すりを設けたり段差をなるべくなくすようにしたりして、子供やお年寄りが住みやすい家を作ることが出来ればそれだけで家族全員が愛着のわく家にすることができます。

てすりをつけるだけであれば簡単に工事できますし、要件を満たせば現行の介護保険では20万円以内では1割負担で行うことができるので、大きな出費もなくリフォームをすることができます。
そのため老後の大きな出費を避けることができます。

また、必要最低限の生活スペースは1階に作っておくのがベターです。

どうしても狭小地であると、採光を確保するために2階にリビングを作りやすいです。

しかし、長く住もうとお考えであれば足腰が弱くなってくると階段を上がるのが億劫になってきます。
ですので、玄関から入ってすぐにリビングやお風呂・トイレ・キッチンがあると、たとえ筋力が落ちて階段の上り降りが厳しくなったとしても、長く住み続けることができると言っても過言ではありません。

三つ目は壁の少ない家です。

これはカスタマイズがしやすいことや不便さを感じにくいことにも繋がっていきますが、家具を移動させたり生活動線を確保したりするためには壁が少ないほうが好都合なのです。

また、壁の少ない家は家族全員が一つの部屋に集まっても圧迫感を感じません。
一家団欒のためにも最小限の壁があれば十分です。

せっかく高い買い物をするのであれば、ぜひとも子育て期間だけではなく、老後の住み方も想像してみてはいかがでしょうか?

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 長く住みたい家にするためには? はコメントを受け付けていません。

九州で暮らす魅力!

九州で暮らすと、どのような魅力を感じることができるのでしょう。

まず1番に言えることは、九州は食べ物が豊富だということです。

周囲を海に囲まれているので海の幸が豊富です。

また、自然も豊富なため山の幸にも恵まれています。

ですから、九州は北海道に次ぐ農業生産地域としても有名なのです。

食べ物が豊富ですし、その自然を生かして牧畜なども盛んですから、美味しい牛肉や黒豚、九州地鶏の産地としても有名です。

食べることは生活に密着していますから、九州で暮らしていくさいにはとても魅力になります。
また、九州は自然が豊富で、観光名所が多いのも特徴的です。

ここ、熊本県もまさに山あり海ありの美しい景観が魅力の県の1つ。
環境庁選定の『名水百選』に県内から4ヵ所(白川水源、池山水源、菊池水源、轟水源)も選ばれている程、美味しい水が豊富なところです。
熊本市の上水道を流れる水も、ほぼ100%地下水でまかなわれております。
ここで熊本県の名産グルメを少しご紹介いたします。

●馬刺し
薄くスライスした馬肉を、玉ねぎのスライスやおろししょうが、にんにくなどを薬味に甘口のしょうゆとともに生で食べる『馬刺し』。
お酒のつまみに人気の料理です。
また、切り口が桜色になる事から、『桜肉』とも呼ばれています

●高森田楽
『高森田楽』は、阿蘇郡高森町に伝わる郷土料理です。
清流で育ったヤマメや熊本の名水で作る豆腐やコンニャク、四季の野菜などに、地元のみそに赤酒や黒糖を合わせ、サンショウやユズなどの風味を添えた手作りのみそだれを塗って炉端でじっくりと焼いて食べる料理です。
阿蘇の雄大な自然の中でいろりを囲んで、シンプルに素材の旬の美味しさ味わいます。

●ご飯の友
株式会社フタバが製造販売するふりかけです。
大正時代の初期、日本人にカルシウムが不足していた最中、熊本の薬剤師・吉丸末吉が、カルシウムを補うため、小魚を乾燥させ粉末にして調味し、青のり・煎りゴマなどを加えて作った粉を御飯にかけて食べるという、発想から『御飯の友』を開発しました。
業界団体『日本ふりかけ協会』がふりかけのルーツとして公認している商品であり、特徴は主原料がいりこであるところです。

いかがですか?
熊本はこれだけではなく、沢山の魅力を語れます。

ですが熊本だけにこだわらず、九州各地を巡り、その土地の美味しい食べ物や自然豊かな観光名所をまわってみても楽しいかもしれません。

九州での暮らしはとても魅力がいっぱいです。

北海道に次ぐ農業生産地域なので野菜も美味しいですし、物価も安くて暮らしやすいです。
自然が豊富なので遊びにももってこいです。

観光名所も九州各地にあるので、美味しいものをいただきながらそれらを見て回ってもいいかもしれません。
とても魅力溢れるエリアです。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 九州で暮らす魅力! はコメントを受け付けていません。

子供と暮らしたい家とは?

子供と一緒にくらす時間は大切にしたいものです。

忙しく日々過ごしているうちに、あっと言う間に大きくなっています。
成長とともにどんどん子供は親から離れていくようになりますが、それも子供の成長ですので引き留めることはできません。

子供と一緒に過ごせる時間を大事にする為にも、子供との生活を考えた家づくりをしていく事です。

そのためにも、子供部屋はどこにするべきか?

子供のための間取りを考えなくてはなりません。

子供の部屋は二階に配置する場合が多いですが、間取りをよく考えなくてはならないでしょう。

二回に子供部屋を作り、玄関に入ってすぐに階段があるような家の場合は、子供と親が顔を合わせる機会が少なくなります。

学校から帰ってきて子供の顔も見ないというのは、表情を確認できにくくなりますね。

リビング階段でない家だと、家族のコミュニケーションが少なくなる傾向があるか?
といえばそうではないし、リビング階段だから家族のコミュニケーションが良くなるか?
というというとそうでもないのですが、自然と家族の顔を見る事の出来る家にする事で、リビング階段などを視野に入れて考えるのも1つの方法かもしれませんね。

ですが、10代になると思春期に入り子ども自身も自分のプライバシーを大切にするようになります。
親には聞かれたくない会話や、一人で過ごしたい時間etc・・・

子どもの性別が違う場合は、いつまでも一緒の部屋というわけにもいきませんね。
ですので、どのような形であれ、子どものプライバシーを守るスペースは必要になってきます。
しかし、まだ子どもが赤ちゃんのうちから『子ども部屋』を作ってしまうと、かえって使いにくさがででてくる場合があります。
そこで、子どもが年頃になったら個室として使えるような多目的な部屋を作っておくといいですね^^

そして可能であれば子供と遊べる庭もあると、一緒に遊ぶことが出来ます。

縄跳びをしたりボールで遊んだり、子供といろいろな遊びをしていくことによって、親子の会話もどんどん増えていくことになるでしょう。
沢山遊んであげた日には、普段注意しても聞かない事も素直に受けてくれたり、お手伝いをしてくれたりと気持ちの変化にも大きく影響してきます( ^^)

高学年になりますと親に話す事も少なくなってきますが、普段なかなか話せない事もコミュニケーションが増える事によって自然と色んなお話しができて行くのではないでしょうか^^

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 子供と暮らしたい家とは? はコメントを受け付けていません。

主婦にとって過ごしやすい家とは?

生活をする限りは、必ず誰かが家事をこなしていくようにしなくてはなりません。

家事をしなければ、洗濯物は山積みになり、毎日外食で栄養バランスも悪くなってしまいます。

掃除もしない場合にはアレルギーの原因にもなりますので、家事をこなすようにしましょう。

家族全員が協力して行っていけばいいですが、仕事や学校などで忙しいですので、母親が大部分を担う事になります。

そのため、主婦になる母親も多いですが、主婦にとって過ごしやすい家づくりをしていけば、家の中で快適に過ごすことが出来るでしょう。

例えば水回りが一か所に集中していると楽なのではないか?と思います。
キッチン・洗面所・お風呂・トイレが近いと、何か別の作業をしながらでもお子様のお世話もやりやすいものです。

日々の目まぐるしい家事をこなしていくためには、家事の動線が確保されていると掃除、炊事、洗濯のしやすさが変わってきます。

朝の忙しい時間を有効に使うためには家事の動線が確保されている事は重要です。
設計の際にもデザインばかりを先行させてしまうと、住みやすい家から遠ざかってしまいます。

洗面所入口を2か所にし、キッチンからの動線とホールに出て行く動線にすれば(簡単に言えば回遊型)ぶつかる事もなく家族の動きもスムーズに流れるかもしれません。
又、洗濯物の動線を考えると、洗濯する→干す→片づけるを動線を短くする事で、よりスムーズに短時間で作業は終了。
時間の節約にもなりますね^^

それから『子どものおもちゃ』について。
小学校の低学年くらいまでは、子ども部屋があっても家族のいる場所で遊ぶことが多いかと思います。
リビング等にもおもちゃを収納するスペースを事前に確保しておくと、親のイライラも軽減されます( *´艸`)
いたるところに余裕のある収納ストックをに備えていると気持ちにもゆとりが出来るのではないでしょうか。

家の中で1人の時間も楽しむためにも、趣味の部屋などを作ってみたり、庭でガーデニングが出来るようにしてもいいでしょう。
お部屋の一角に観葉植物用のシェルフスタンドを作ってみたり、お気に入りの家具でティータイムを楽しんでみたり、好きな香りでアロマで癒される時間を過ごすなど、まさに『主婦にとって過ごしやす家』づくりです♡

家の中で過ごす時間が一番長い母親が過ごしやすい家づくりをしていくようにすれば、家事もこなしやすくなり、一人の時間もゆったりと過ごすことが出来るでしょう。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 主婦にとって過ごしやすい家とは? はコメントを受け付けていません。

みんなが過ごしやすいリビングとは?

リビングに置くインテリアやレイアウトについて悩むことはありませんか?

家の中でも家族が集まる場所になるのがリビングです。

食事が終わった後にのんびりとテレビを見たり、みんなで会話をすることが出来る場所ですし、休日には家族民案でリビングでのんびり過ごすようにしてもいいでしょう。

家族の団欒の為には欠かせない場所でもありますので、リビングは家族が長い時間を一緒に過ごす場所だけに、家具の配置にもこだわりたいところ。
魅力的なリビングとはどんなものかを考えて作っていくようにしましょう。

魅力的なリビングとはどんなものか、これはリラックスできる場所です。

リラックスが出来るようなゆったりとしたソファーがあるとか、手に取りやすい場所に本があるとか、圧迫感のない空間などもリラックスできるためのポイントになります。
また、膨張色である白を基調にすることで、空間に広がりが生まれます。
ポイントになる色もカーキやブラウンなどナチュラルなものを使用すると、ホッと心落ち着く癒しのリビングになりそうです。

リビングに家具をたくさん配置すると狭くなってしまう…という心配があるかもしれませんが、自分のお気に入りの居場所を作るというのも大切なポイントです。
大きなソファーがあれば自然とくつろぎスペースも定まり、リラックス感をより得られるようになります。

なかなかインテリアを選ぶ基準が難しいという方には『何を主役にするか』を決め、
その“主役を引き立てる”という観点でその他のインテリアを選んでいくのも1つの方法です。
そうする事でそこからイメージを広げられ、すんなりまとまりのあるリビングへと変貌できるかもしれません^^

一日に大半を過ごすだけあって、自分の好きな時間をより快適に過ごせる主役家具を選ぶと、過ごしやすいリビングの出来上がりです♡

家族それぞれに個室が与えられていたとしても、自分の部屋よりも落ち着く場所であれば自然と家族も集まってくるようになります。

みんなが集まりたいと思える場所にすることによって、家族の団欒の時間が増えてくることになるでしょう。

家族の団欒の時間があることによって、悩んでいる事があっても親に相談もしやすくなります。
その為には多少狭くても子どもが遊ぶスペースを確保することも大事かもしれませんね^^

家族が気軽に集まれる場所がなければ、自然と子供との距離も出来ますので、集まりやすいリビング作りをしていきましょう。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | みんなが過ごしやすいリビングとは? はコメントを受け付けていません。

耐震性はどうなっていますか?

家を購入するときに、気になるのは耐震性はどうなっているのかという点です。

一戸建ての耐震基準はどうなっているか、ということを疑問に思った時には、耐震基準の確認の方法は、建築確認を受けた日がいつかということです。

自分で簡単にチェックする方法をいくつかピックアップいたしますので、まずはこの方法でご自宅の耐震性をチェックしてみてください。

耐震基準と行っても、1981年の6月1日を境として、それ以前の建物は『旧耐震基準』、以降は『新耐震基準』というふうに区別することができます。

当然のことながら新耐震基準で建てた方が地震には強いです。

ただ、混同しがちですが、竣工日で判断してしまうと6月1日以降に建った家でもそれ以前に着工しているならば旧耐震基準の家です。

旧耐震基準の家では地震に耐えられないというわけではなく、『震度5程度の地震までは耐えられること』という基準がありますが、それ以上の大きい地震が来たときの規定は特に盛り込まれてはおらず、『震度5以上の大地震に耐えられるかどうかはわからない』というこ事になります。

かつ旧耐震に該当する建物はすでに築年数が35年以上経過していますので『老朽化』も加わってきます。

一方、新耐震に該当する建物は、基本的に震度6~7程度の大地震でも倒壊・崩壊はしないという基準に基づいて造られています。
ですが、耐震基準はあくまでも現時点の知見と技術レベルに基づいて決められた最低ラインに過ぎませんので、地震は複雑な自然現象でもあり、建物が絶対に安全ということは断言できません。

ではいつ建築確認を受けたのか調べたいのであれば、その家がいつ頃建てられたのかによって、どの程度の耐震性を持つのか大まかに知ることができます。
また、役所の建築確認を許可する部署に行って調べてもらいましょう。

木造家屋は安全なのかが気になるというならば、鉄筋コンクリートの家の耐震性と比較しても決して弱くないということを知っておくと良いでしょう。

鉄筋コンクリートは頑丈ですが、重い分揺れが大きくなります。

それに柔軟性もあるので、揺れに対して形を曲げて力を逃すのです。

家が地震で潰れると、安易に考えることはありません。

打ち合わせの都度、耐震性を一番重要視していることを伝えてみるのもいいですね。
そのほか、建築地盤をしっかりする、耐震性のある基礎工事、建物をできるだけ軽くする、できるだけ大きな面材で構造材を覆う、構造材と面材との間には下地がない方が望ましい等、いろいろな条件を組み合わせてみたりと考慮してみはいかがでしょうか?

現在は建売業者のメーカー様の販売する戸建住宅も、耐震を重視した建物を数多く見かけます。

当社、(株)たたら不動産でも『耐震に強い家』を随時仲介販売しておりますので、是非お声かけ下さいませ^^

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 耐震性はどうなっていますか? はコメントを受け付けていません。

2016年6月12日
パナソニックが生んだ第三の工法 テクノストラクチャーの家!!【㈱たたら不動産】

大変お世話になっております。
㈱たたら不動産の渡辺です。

今回、売主様から売却依頼をいただきました、”八景水谷1丁目の戸建て”についてご紹介させていただきます^^
こちらの物件、築年数13年・3SLDK・駐車場2台・天井高2.7mの開放的なお家♪

そして、こちらの物件、普通の木造在来軸組み工法ではありません!
【テクノストラクチャー工法】といい、木造+鉄骨の梁(はり)で、地震につよい住宅なんです^^

そこで、テクノストラクチャー工法について私自身も勉強してみましたので、
ご説明させていただきます☆

まず、パナソニックさんが開発した工法で、開発プロジェクトスタートしたのが、1993年。
約2年以上の歳月をかけて完成に近づいたとき、1995年1月17日 阪神・淡路大震災が発生。

大阪にあった、テクノストラクチャー工法最終試作棟は基礎のわずかなひび割れさえもなく無傷の状態だったそうです。
その後、販売を開始し2013年3月には40000棟達成。

また、テクノストラクチャー工法は、1棟1棟構造計算を行い安全性を確かめられております。
あらゆる災害に耐えられるような計算のもと建築されており、なおかつテクノビームと呼ばれる梁の為、
居住空間を広くとることも可能になりました。

通常は天井高2.4mほどが一般的ですが、テクノストラクチャー工法により、最大2.8mまでの天井高が可能に。

今回の八景水谷1丁目の戸建も、LDK等1階部分は天井高2.7mのため、広いリビングが更に開放的に感じることができます♪

さらに、鉄骨造やツーバイフォー住宅ではなかなか難し、”真壁和室(柱を室内にみせる)”も対応可能です。
外観や間取りだけでなく、構造にこだわった住宅として、すまい探しをされてみるのもいかがでしょうか。

八景水谷1丁目 テクノストラクチャー工法の家 現在売主様居住中ですが、
お早めにご内覧希望日時をお聞かせいただければ内覧も可能です。
詳細ページはコチラ→http://www.tatara-fudousan.com/?post_type=fudo&p=47141

是非お問合せ下さい^^

テクノストラクチャーロング&スマートストーリー↓↓

担当:渡辺 祐也
070-5498-0184

参考資料:パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーテクニカルカタログ参照
画像引用:http://panasonic.co.jp/es/pestst/

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ, 知っとく不動産コラム | パナソニックが生んだ第三の工法 テクノストラクチャーの家!!【㈱たたら不動産】 はコメントを受け付けていません。

家に欲しい機能とは?

住まいには、生活を快適なものにしてくれる便利な機能というものが色々と備わっているものです。

しかし、大切なのは自分のライフスタイルとの相性です。

いくら便利だ、快適だと言われる機能であっても、自分が魅力を感じなければ意味がありません。

ですから、自分が生活の中で恩恵を受けやすい相性の良い機能を選ぶことが大切と言えます。

なお、暮らしやすい家にするための工夫としては、収納の多さといったことが挙げられます。

洋服など、収納する物が多い人の場合には、大きなクローゼットがあると便利なものです。

また、靴がたくさんある人の場合には、シューズインクローゼットのように、天井に届くぐらいまで収納できるスペースがあるとスマートな生活をしていくことができるものです。

その他の暮らしやすい家にするための工夫としては、動線の確保も大事なポイントです。

動線がスムーズであれば、移動しやすくなって高齢になってからも生活がしやすかったりして、移動中の負担というのは減らせるものです。

ここで多くの声がある中で一部ではありますが、欲しい設備の一例を上げてみようと思います。

●玄関に、靴やゴルフセット、スキー板、冬場の家族のコート類などを保管しておけるシューズインクローゼットがあったらいい なと思います。
一箇所にまとめて隠してしまえば玄関周りがゴチャゴチャしないし、すぐに道具を取り出せるので便利だと思います。

●ぬるめのお風呂にゆったりと入るのが何よりの贅沢と思っていますが、さらに浴室にテレビとミストサウナがあったらバスタイム がさらに楽しくなるのになあと思っています。

●妻は洗濯をよくやるので、家は見た目のデザインよりも機能を重視して2階部分には幅広くベランダを確保しました。
 洗濯物を干せるスペースは大きく確保できたのですが、今ではこのベランダに収納可能の屋根が欲しいと言っています。
 近年天気が急に変わりやすくなっているので、洗濯物を干したまま買い物等に出かけると途中で雨に降られることもしばしば。
 こんな時ベランダに屋根を広げておけば安心ということです。
 オシャレで収納可能なルーフがあるといいですね。

●屋外に設置する物置が欲しいです。
 どんどんたまっていってしまう荷物。
 うまく整理するようしているのですが、なかなかそうもいかず。
 納戸も一杯になってしまった状態。
 普段あまり使わないものなどは、屋外の物置に置けたらいいかと思いますが、設置スペースがなく難しい状況です。

●食材宅配のやり取りボックスが欲しいです。
 段ボールサイズの発泡スチロール箱をいくつも保管するのはじゃまだし、玄関の外に出しっ放しも目障り。多くの家庭で利用さ れているので、かなり喜ばれると思いますね。
 そして、家の中だけでなく、外装へのこだわりという部分にも着目しておくと良いものです。

長く生活していく場合には、気に入った外装の所に住めた方が気持ちが良いでしょう。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 家に欲しい機能とは? はコメントを受け付けていません。

地域に合った家えらび

地域に合った家を作るためにはその土地をよく知らなければいけません。

つまり、地域の風土に合わせた家を建てることが求められます。

その上で快適な家を作ることが出来れば最高です。

まずは日当たりの多さに注目してみましょう。

周辺の住宅や日照時間・天候を見極めた上で窓の場所や大きさもしっかりと決めるようにしてください。

太陽の動きを考慮した家作りが出来ると家全体の雰囲気がパッと明るくなりますし、余計な電気代が嵩むこともありません。

ただ、現実には晴れの日ばかりではないので夏の湿気、冬の寒さ対策も視野に入れた家作りを行ってください。

テレビで天気予報などを見たり、地元の業者に尋ねればその土地の天候や気象条件などを考慮した家作りをサポートしてくれます。

ただ、欲しい設備や必要なものすべてを取り入れようと思っても、予算オーバーになってしまします。
予算に応じて優先順位を決めておくと計画しやすいですよね。

夏の湿気、冬の寒さ対策は大切ですが、感じ方は人それぞれなので必ず家族全員で話し合いの機会を設け、家族全員が快適に暮らすことの出来る家作りを心がけましょう。

また、夏涼しい家にするにはどうしたらよいか?
という疑問には床・壁・天井・の内部に涼しい空気を流して、表面温度の上昇を抑える方法や、開口部も夏型の家を重視するなら、ガラスは遮熱高断熱型のものも検討の1つに良いかと思います。

反対に冬暖かい家にするにはどうしたらよいか?
という疑問には床・壁・天井・の内部に暖かい空気を流して、表面温度の下降を抑える事です。
開口部も冬型の家を重視するなら、ガラスは高断熱型のものを使用するといいかと思います^^
同じ都道府県に住んでいても、寒い地域とそうでない地域の温度差はあります。
熊本で例えるなら、阿蘇と熊本市内では冬場の温度差はかなり違ってきます。

多湿な地域には結露に気を付けないといけません。
壁の中の結露は家の骨組みとなる木材を腐食させ、断熱性能も劣化させる要因となります。
それがカビやダニ・シロアリの温床になり、酷くなると暮らす人の健康にも悪影響を与えてしまいます。
多湿な地域には「通気性」が非常に重要になってきます。

このように地域差で気温や気候に様々な特徴があり、家族が喜ぶ家作りを1番に考え
特に発汗症や冷え性の方にも合わせた家作りが出来ると尚住みよい事でしょう。

住む地域の気候に合わせた家を建てられるということが、『地域に合った家作りの基本』になるのです。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 地域に合った家えらび はコメントを受け付けていません。

お庭に植えたい木

家を建てて、念願の庭を手に入れると、庭に樹木を植えたいと思う人も多いと思います。

ですが、どのような木を庭に植えたらいいのでしょうか?

どうしても人気の木を植えて、おしゃれな庭にしたいということが頭に浮かびます。

しかし木の知識のない人が、手当たり次第に植えてしまうと、手入れに苦労して、どうすることもできなくなることは、よくあることです。

それは樹木というのは、植えて終わりではありません。

そこからスタートしていきます。

しっかり管理をしないと伸び放題の木になってしまいますし、見た目も悪いだけでなく、害虫がついてしまって枯れてしまうこともあるからです。

ですから、手入れのしやすい木を選ぶということも大切です。

また育つまでの日数というのも考えておく必要があります。

ユーカリやミモザなど庭木としても人気ですが、短期間で上に伸びてしまう成長のはやい木です。

その分剪定をしっかりしなくてはならないので、庭の手入れができる人がいるならいいですが、面倒だという人には不向きです。

さらには手入れの費用が高額になるようでしたら、それはやめたほうがいいでしょう。

新築を購入した時や庭の雰囲気を変えたい時に、一番に考えたいのが、目につきやすい目立つ存在『シンボルツリー』

シンボルツリーとは外構、そして住宅を引き立ててくれる存在の樹木です。
木が一本そこにあるかないかで、家の印象は大きく様変わりします。

中には植物を育てるの苦手だからという方もいらっしゃると思いますが、ぜひ押さえておいて欲しい外構のポイントです。

シンボルツリーを選ぶ時にある程度の大きさがある木で、葉も茂り、見栄えのする木がいいかと思います。
個人的にはシマトネリコが好きです。

植え付ける時期は4〜5月が適し、成長が早く寒さに弱いという特徴があります。
お住まいの地域、気候によっては植樹不可能な可能性もありますので、植える前にご確認お願いします。

伸びなくて葉が落ちない、更にはお手入れがいらない、という木はありません。
木も生き物ですので日々成長していきます。

お手入れしてあげないと木によっては家に覆いかぶさり大変な事になります。
時間をかけれなく、極力剪定をしたくないという方は、成長が早い、遅いで選んでいただく方法が1番ベストかと思います^^

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | お庭に植えたい木 はコメントを受け付けていません。

庭を持ったらするべきこと とは?

念願の一戸建てを購入した時に、庭も手に入れることが出来たのであれば、どんなことをしていくようにすればいいでしょうか。

一から自分で作り上げていくのもいいですし、業者に依頼をして庭作りをしていってもらってもいいでしょう。

木を植えたり芝を張ったり、ハーブ系(香草)を植えたりと楽しみながら出来上がったお気に入りのお庭で食事をしたり、季節ごとに咲く花を見るのは至福の時間になりそうです。
自分でいろいろ植え替えたり、管理することが好きな方は時間が許す範囲で始めてみたらどうでしょうか?

まずは家族と庭の使い方を相談し、自分で出来る事は何かを考え、庭の手入れに使える時間を確保し、植えたい植物や庭の配置図を元に描いてみるのもいいですね^^
思い付きでやると、見渡した時に中途半端な庭になってしまう事もあるので、本やネットを参考にするといいかと思います。

ですが、庭に樹木が植えてあったり、お花が植えてあるのはとても見栄えがよくなりますが、管理が行き届いていないようであれば、見た目が良くありません。
庭作りの基本として、『綺麗な庭とはどんな庭か』という事です。

庭を造るということは、自分で管理をしていかなくてはならないので、草が生え放題になっていたり、お花が枯れてそのままの状態になっているようでは美しいとはいえないでしょう。

樹木を植える場合には、少なからず費用がかかります。
手入れにかかる費用の事も事前に考慮しておかなくてはなりません。

背が高い樹木の場合は、自分で手入れが難しいですので、業者に依頼をすることになれば、その費用が発生するようになります。

庭でできることはたくさんありますが、広ければ広い程、手入れも時間がかかります。
自分で手入れできる範囲でするようにしておいた方が、管理もしやすくなりその後の費用も発生しにくくなるでしょう。

完成したお庭で、お気に入りのチェアやベンチを置いて、座って夕涼みなんてのも素敵ですね( ^^)

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム | 庭を持ったらするべきこと とは? はコメントを受け付けていません。