中古住宅のユニットバスとセパレートトイレの違い

あなたが中古住宅を選ぶ際に考えているポイントや場所はどの点ですか?
「立地?」
「広さ?」
「間取り?」
きっと様々な答えが返ってくると思います。
しかし忘れてはいけないのが、トイレです。
トイレと言っても「ユニットバスにするのか、セパレートにするのか」この点で大きく議論が沸き起こると思います。

そこで今回はそんなトイレについてユニットバスとセパレートトイレの違いを詳しく見ていこうと思います。

セパレートトイレはトイレとお風呂・洗面台が別々になっているのが基本です。
ここで多くの人が勘違いをしていると思いますので、お伝えしていこうと思うことがあります。
それはユニットバスと書いているからと言ってセパレートではないという点です。

ユニットバスには2つの種類があります。
「2点ユニットバス」と「3点ユニットバス」です。

まずは2点ユニットバスです。
こちらはトイレとお風呂・洗面台が別々になっているのが特徴です。
つまり、みなさんが考えているであろうユニットバスではなく、実質セパレートなのです。

一方の3点ユニットバスはトイレ、お風呂、洗面台になっていて皆さんが考えているユニットバスはこちらになります。

ユニットバスはホテルや単身用集合住宅などに用いられる、いわゆる3点ユニットを中心に普及したため、『洗面所やトイレが同室内にある洋式のバスルーム=ユニットバス』であると理解している人が少なからず存在します。

また、ユニットバスのサイズは日本における住宅向けのユニットバスは、そのサイズがほぼ規格化されています。

私自身もユニットバスと聞くと、あの3点セットを思い出していました(;´・ω・)
狭くてこじんまりした『あのユニットバス』です。コレ↓

カッコイイバスルームを『システムバス』と呼ぶわけでもなく、浴室を構成する各部材(壁・床・天井)などをあらかじめ工場で成形し、施工現場で組み立てる『乾式工法』で完成させる浴室のことです^^
そのため、防水性や保温性が高いなどのメリットがあります。

防水性や保温性が高いという事は、それだけ換気を気を付けなければカビの発生も凄いでしょうね。
今では、とても素敵なバスがショウルームなどには展示されており、つい高額でも新築を建てる場合は購入を考えたくなりますよね(;’∀’)

一歩ショウルームを出ると現実に戻り、冷静に考えると予算オーバー過ぎると・・・

セパレートとユニットバスの違い、いかがでしたでしょうか?

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: お知らせ, 知っとく不動産コラム パーマリンク