中古住宅_賃貸住宅のユニットバスのデメリット~パート1~

前回はユニットバスのメリットについて詳しくお伝えしていきました。
しかしとは言ってもやっぱりお風呂とトイレは別々がいいという人も多いと思いますので、今回と次回の2階に渡ってユニットバスにするデメリットについて詳しくお伝えしていこうと思います。

・湯船につかりにくい
そもそもユニットバスはあまりお風呂につかることを前提に作られていません。
海外にユニットバスが多いことを考えると、海外ではお風呂につかるという文化を持っているところが少ないことは想像できると思います。
そのためユニットバスにお湯をためてつかることが不可能とまでは言いませんが、あまり適しているとは言えません。
普段からシャワーしか使わない方ならいいですが、お風呂に入りたい方にとっては向かないでしょう。

・体が洗いにくい
ユニットバスの場合、湯船の中で体を洗うため、セパレートよリも洗いにくいのが、特徴です。特に体が大きい人になればなるほどスペースの狭さを感じ、十分に体の隅々を洗えない現象が起こってしまうでしょう。
これもデメリットの一つなのです。

今回はユニットバスにするデメリットを2つお伝えしてきました。
次回も引き続きユニットバスにするデメリットをお伝えしていきます。

当社『LINE@』では、不動産取引の裏情報土地、建物、マンション選びの重要ポイントや、『お金のマメ知識』を定期的に情報提供を行っております。↓↓

友だち追加数

カテゴリー: 知っとく不動産コラム パーマリンク